プラセンタの美活、プラセンタ通販専門店。高品質馬プラセンタサプリ、プラセンタ化粧品、プラセンタドリンクなどを販売。

目元は明るいだけで若く見える ~今日からできるクマ解消法~No.14

女性にとって目元は自分を魅力的に見せる重要なパーツですよね。
その魅力を一気にダウンさせてしまうのが「クマ」です。

ひとことでクマといってもクマには「黒クマ」「茶クマ」「青クマ」「赤クマ」の4種類があります。
それぞれのクマの種類とその原因を知り、今からケアをすれば、気付いたときには目元がすっきりして目は大きくなり、 目周りは明るくなってお顔全体の雰囲気も華やかになり、今より若々しいお顔立ちになりますよ。

目周りは明るくなってお顔全体の雰囲気も華やかになり、今より若々しいお顔立ちになりますよ。

『まずはクマの種類と原因を知りましょう』

■■ (・(ェ)・)黒クマ ■■

黒クマは目のクマの中で最も多く見られ、クマが影になって目の下が黒いことを指します。


■■ (・(ェ)・)茶クマ ■■

茶クマはクマの色が色素沈着により茶色くなるもので、 紫外線やホルモンバランスの乱れ、
摩擦などにより、目の下にシミやくすみができるものを指します。

アイメイクを落とさずに(もしくは落としきれずに)寝てしまうことがある人や よく目をこする人、
肌がくすんでいる人がなりやすいです。


■■ (・(ェ)・)青クマ ■■

青クマは血行不良が原因で起こります。

目の周りには細い血管がたくさんあるため、疲れやむくみ、冷えなどにより血の巡りが悪く
なると、目に見える大きさまで血管が拡張し、それが青く見えているのです。

ですので普段から低血圧の人や寝起きが悪い人が朝に出やすく、 その他にも冷え性の人、
色白の人、パソコンなど目を酷使する機会の多い人や 睡眠不足やストレスがたまっている
人がなりやすいです。

■■ (・(ェ)・)赤クマ ■■

目の下が赤く、腫れているようにみえるのが「赤クマ」です。皮膚を引っ張ると赤みが増します。

他のクマに比べると軽度のクマではありますが、 青クマと同様に、目を酷使することなどによる
血行不良が原因とされています。

目の下で小さな血栓症を起こしたり、眼窩(がんか)脂肪が突出し、それが赤く見えることで
赤クマは発生します。
目の下の膨らみができることで影ができ、「黒クマ」と併発することも多いです。

『クマの解消法を知りましょう』

いずれのクマも、不摂生や不健康な生活による身体の不調が原因です。
ですので、どのクマにも共通して行っていただきたいのが

「身体を冷やさないこと」

「十分な睡眠をとって疲れやストレスをためないこと」

「バランスの良い食事をとること」

この3点を守り、各種類のクマに合ったケアを実践すれば、きっとクマは今より薄く改善されますよ。

■■ (・(ェ)・)黒クマ ■■

★黒クマの方は、表情筋を普段から意識して動かしましょう。

そのことで目元のたるみも引き締まり、影となっていたクマも薄くなります。
専用のアイクリームで目元のたるみの原因となる脂肪を燃焼しながらうるおいをプラスすることで
チリメンジワも解消し、より一層若々しい目もとになりますよ。

■■ (・(ェ)・)茶クマ ■■

★茶クマの方は、まずは生活習慣を見直しましょう。

メイクを落とす時にクレンジングや洗顔が中途半端でしっかりとメイクを落としきれていないか?
その後のタオルでお顔をふくときに、ゴシゴシこすってはいないか?
マッサージでごしごしお顔を摩擦していないか?
など、お肌への刺激を改めて見直し改善していきましょう。

■■ (・(ェ)・)青クマ ■■

★青クマの方は、目の周りの血行をよくすることが一番大切です。

毎日の疲れや寝不足、ストレスをためないよう睡眠時間を増やし、お風呂でリラックスする、
栄養バランスのとれた食事をとるなどの生活リズムを整えましょう。
ビタミンKなどの目元のマッサージ用クリームを使用することもオススメですよ。

■■ (・(ェ)・)赤クマ ■■

赤クマによりできてしまった膨らみは、たるみを引き起こしやすいので、
鏡を見ながら目元全体を大きく動かす顔の体操や、目元のたるみに効果的なアイクリームで
こまめにケアをしましょう。
また冷えを防止するためにお風呂の湯船に長くつかったり、
目元にホットタオルをのせてあげるのも血行促進に効果的です。


以上です。いかがでしたでしょうか?

どれも日常生活に取り入れられる方法ですので、
ぜひ今日から実践して若々しく明るい目元で輝く毎日を作りましょう!
どれも少しの手間で身に付くテクニックですので、皆さんも明日のお化粧タイムから実践してみてくださいね♪