プラセンタの美活、プラセンタ通販専門店。高品質馬プラセンタサプリ、プラセンタ化粧品、プラセンタドリンクなどを販売。

プラセンタを上手に選びましょう♪No.10

プラセンタといっても豚プラセンタや馬プラセンタ、ドリンクタイプやサプリメント、注射など
種類や用途は様々です。
あなたにぴったりのプラセンタを見つけられるよう、今日はプラセンタを選ぶポイントをお話します。

プラセンタを選ぶポイントその1 「原料を見極めましょう」

プラセンタの種類には豚や馬、ヒトなどさまざまです。

プラセンタを選ぶ際、その原料がどのような環境で育ったかはとても重要。
すこしでも安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

美容商品として購入する場合は、豚か馬が主流になります。

豚プラセンタの場合はデンマーク産の豚やSPF豚ならば、厳しい基準をクリアし、徹底管理の元育てられたブランド品です。

そして安全性をうたうならば、馬プラセンタは必須です。
血統書付きのサラブレッドが原料となりますし、馬の場合は
豚や牛に比べ寄生虫がすみつく心配がなく、狂牛病の心配もなし、原度も非常に低く、アレルゲンにもなりません。

牛が使われなくなって以降、豚プラセンタが中心ですが、
ここ数年は馬のプラセンタの能力の高さと安全性に大きな注目が集められています。

プラセンタを選ぶポイントその2 「濃度を見極めましょう」

プラセンタには液体タイプと粉末タイプが存在します。
液体タイプは吸収力に優れ、粉末タイプはより多くのプラセンタを摂取できるという特徴があります。

粉末タイプは濃縮されていますので、同じ100mgでも、液体タイプと粉末タイプでは濃度が全く異なります。

粉末の場合は、粉末自体の配合量で表記する場合と、粉末を液体に換算した配合量(過大量)で表記する場合がありますので
あまり大きな配合量には惑わされないように気を付けてくださいね。

また、原材料を薄め、原価を下げる目的で「グリシン」や「デキストリン」という成分を
配合しているプラセンタサプリメントが最近多く見受けられます。
こうした成分が入っている場合には以上の意図がありますので、商品を購入する際には、パッケージをしっかりと確認してくださいね。

プラセンタの選び方を学んだら 「つぎは用途を選びましょう。」

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、医療の現場で病気の治療や改善に使用されています。
美肌への即効性と大きな効果が期待できるので、そうした目的で通院されるかたも多くいます。

プラセンタ注射の相場価格は1回の注射で2,000円~9,000円とされ、毎週1~2回通院が必要になるので、
通院時間や経済的も余裕のある方や、症状が深刻なかたにオススメです。

ドリンク

ドリンクタイプは即効性に優れており、手軽に摂取できます。
価格相場もサプリメントと比べるとやや高くなる傾向にありますので、
ここぞという日の為のスペシャルケアとして常備するのもオススメですよ。

サプリメント

毎日飲むだけ、という手軽さに加えてプラセンタの用途の中では比較的安価に購入ができるので、
長く続けやすい特徴があります。

プラセンタは「継続する」ことがとても大切になるので、続けやすいサプリメントを利用される方も多くいます。
サプリメントは毎日の積み重ねができますので、しっかりと効果を感じやすいのも特徴です。

化粧品

お顔の部分的なお悩みにダイレクトに働きかけることができるのが、化粧品の特徴です。
基礎化粧品の中の配合量にもよりますが、部分的なお悩みに働きかけてくれれば良い、という方にはおすすめです。


以上がプラセンタを見極め、上手に選ぶ方法です。
みなさまもこれからの購入にぜひ役立ててくださいね♪