プラセンタの美活、プラセンタ通販専門店。高品質馬プラセンタサプリ、プラセンタ化粧品、プラセンタドリンクなどを販売。

紫外線の事をちゃんと知れば、今より5歳若返る!?No.03

紫外線の多い季節となりました。
みなさまは通勤中やお出かけ時、うっかり日焼けしちゃった、なんてことは経験したことがありますか?

実はその『うっかり日焼け』が、いまのあなたのシミやしわ、たるみの原因の1つなのです。
今日は紫外線とお肌の老化、アフターケアのお話をしたいと思います。

紫外線ってなあに?

紫外線とは、太陽の光の中にある、見たり感じたりできない光線のことです。
地上に届く太陽の光のなかの紫外線は約5~6%といわれています。
紫外線にはその波長の長さの違いから、UVA・UVB があります。

UVBのお話

海辺やレジャーにおでかけして肌を焼いて真っ赤になる、なんてことはありませんか?
これはサンバーンと呼ばれる状態で、UVBの仕業です。
UVB がお肌の表皮細胞の遺伝子を直接傷つけ、真皮の肌のハリを保つコラーゲンをを壊してしまうのです。

UVAのお話

UVAは、肌の真皮にまで到達し、長い時間をかけてコラーゲンなどを壊していきます。

コラーゲンはお肌のぷるんとしたハリを保つために非常に重要なせんいです。
コラーゲンの破壊が進むとお肌のみずみずしさは失われ、お肌はハリがなくしぼみがちに。
気づいたらほうれい線や目元の深いシワがくっきり、なんていうことも十分かんがえられます。

UVAは、雲や窓ガラスも通過してしまう、強い紫外線です。
ということは、どんなに紫外線に気をつけていても、意識しないうちにあなたの身体には紫外線の害が蓄積されているのです。

紫外線をあびる=老化につながる

紫外線を浴びることによってお肌の表面には大量の『活性酸素』が発生します。
お肌の大敵といわれ、細胞を錆びさせてしまうことで有名な『活性酸素』。
体内の健康な細胞を傷つけ、シミ・シワ・タルミなどの老化現象を引き起こします。

紫外線対策にはプラセンタ

プラセンタはこうした老化の原因である『活性酸素』を追い出したり、消し去る働きをして、酸化するのを防いでくれます。
必要以上に作り出されてしまった活性酸素を退治し、そのほかにも細胞の修復や、新しい皮膚の生まれ変わりを促進してくれるプラセンタ。
老化を進行させないためにも「うっかり日焼け」に十分気を付け、こまめに日焼け止めをぬりなおしたり、デコルテや耳の裏などぬり忘れのないようにしたりして外側から注意することがまずは大事。

それからプラセンタを身体の内側から摂取し、傷ついた細胞を修復・紫外線のダメージを受けにくい身体づくりをしていきましょう。
きっとお肌のキメが整い、たるみやしわもふっくらとなめらかなお肌が復活しますよ(^-^)b

食事でも老化を防止しましょう

食生活からも、緑黄色野やビタミンCを豊富に含んだ果物は活性酸素やメラニン色素の抑制に作用し、肌のしみやしわを抑える効果があるといわれています。
不足しがちなビタミン別のおすすめ食材はこちらです。

ビタミンA

皮膚や粘膜を丈夫に保ち、感染予防にも期待大
レバー・うなぎ・卵・乳製品・のり・わかめ・緑黄色野菜 など

ビタミンB

炭水化物の代謝(運動時のエネルギーを生み出す)
脂肪の代謝
たんぱく質の代謝(筋肉づくりに関わる)など、重要な役割を担っています。
豚肉・豆類・芋類・魚類・卵・緑黄色野菜 など

ビタミンC

細胞を健康に保ち、コラーゲンを寄せ付ける
アセロラ・柑橘類・カリフラワー・いちご など

ビタミンE

血管壁を丈夫に保ち、動脈硬化を予防
小麦胚芽・アーモンド・ピーナッツ・植物油・しじみ など

これからさらに日焼けをする機会が多くなるでしょうからみなさんも外側と内側の両方からしっかりケアをして今よりぐっと若返りましょう♪