プラセンタの美活、プラセンタ通販専門店。高品質馬プラセンタサプリ、プラセンタ化粧品、プラセンタドリンクなどを販売。

馬プラセンタと豚プラセンタの違いって?No.1

当店のお客様より、「豚プラセンタと馬プラセンタの違い」を教えてほしい、というお問合せを多くいただきます。

どうして馬プラセンタは豚プラセンタよりもこんなにお値段が高いの?
サプリメントは高ければ効果が感じられるの?

というお声も頂きます。
今日は馬プラセンタと豚プラセンタの違いをふまえて、馬プラセンタの価値が高い理由をお話したいと思います。

安全性のお話

馬は病気にかかりにくい丈夫な動物なので、その胎盤は予防接種などによる薬剤の影響を受けることはありません。

さらに、プラセンタに用いられる馬はサラブレッドが一般的。
徹底した品質管理の下、良い環境で育てられており、血統もはっきりと分かっているので安心することができます。

加えて、馬プラセンタの原料となっている馬の飼育には、徹底した管理をしている企業が多く、
馬が口にする牧草をすべて無農薬にしたり、ストレスをかけないようにするなど、動物プラセンタに対する不安を取り除いてくれています。

また、馬の体温が高いので、寄生虫の心配がありませんし、馬の身体がとてもデリケートなために、自身が安全と確信したものだけを口にするので、余計な薬を使う必要が無いのです。
以上の理由が豚より安心感を抱かせる理由と言えるでしょう。

一方、1番多く使われるメジャーな存在で、市販されているプラセンタ商品のほとんどを占める豚プラセンタ。
豚は病気を予防する目的で様々なワクチンや薬剤の投与を受けている可能性があります。
これらの予防接種の成分が胎盤に与える影響は少なからずないとも限りません。

ですので、豚プラセンタ商品を選ぶ際には、徹底した品質管理の下に薬剤の影響を受けないで育てられた豚を使用しているものを選ぶと良いです。

具体的な名前を例に出すと、「SPF豚」と呼ばれる特別な管理下で育てられたものです。
これは、日本SPF豚協会が定めた衛生管理法を用いて、抗生物質などを一切与えずに健康に育て上げ、厳しい基準を通過したものにだけ与えられる称号です。
「SPF豚」を原料としているものは、安全性が高いと言えるでしょう。

栄養のお話

馬プラセンタは他の原料に比べて栄養価が高く、アミノ酸含有量は豚プラセンタの数百倍にも達します。
※(財)日本食品分析センターの試験では、馬プラセンタのアミノ酸は、豚プラセンタの平均でなんと約254%含有するという結果が出ています。

また、豚にはない必須アミノ酸が6種類も含まれているので、かなりの効果が期待できるでしょう。

豚の胎盤は薄い膜ですが、馬の胎盤は人間と同じ臓器です。
馬と豚の胎盤では、成分の濃さが全く異なります。

プラセンタといえば注目する成分は「成長因子」。
これは古くなった細胞や怪我でダメージを受けた細胞に替わって、新しい細胞を作り出すのを助ける働きをしてくれます。

ということは、プラセンタをたくさん取り入れることで、新陳代謝が盛んになり、新しい細胞が増えますので
お肌は綺麗になるし、アンチエイジングの効果も期待できます。

プラセンタは美容面だけではなく、ホルモンバランスを整える効果も期待ができる成分です。
更年期障害の治療に使われたり、自律神経が整ったというお声も多くありますのでうつ症状の改善やストレス耐性の向上など、メンタルヘルスの分野でも使われています。

その他にも疲労回復や髪をツヤツヤにしたりなど、まさに万能のプラセンタですが今ご説明した通りに栄養の濃度が豚プラセンタよりもたっぷり!
「すぐに効果が感じられた!」とご感想を頂くお客様が多いのも納得です。

馬がとっても貴重な理由

日本のサラブレッド数は、大体8,000~8,500頭くらいですが、その中でも胎盤を持てるのは2,000頭ほど。
4分の1なんですね。

ただでさえ少ない馬は、1年に1度、1頭しか出産をしません。
豚は1年に約10頭出産をするといわれていますので、非常に希少価値が高くなります。

1頭の馬から採取できるプラセンタエキスはわずか3kgほど。
しかも、馬は出産後に自身の胎盤を食べる習慣があるので、出産したら3kgのプラセンタが得られるとも限りません。
ということは、馬の胎盤を採取し、その後化粧品やサプリメントとして使用するだけの準備を整えるのには、非常に長い時間と根気がいる大変手間のかかることなの事です。

以上より馬プラセンタの希少価値が高い理由をご納得していただけましたでしょうか。

馬プラセンタが高価な理由は、こうした希少価値の高さが挙げられますが、安全性に優れ、他の原料よりも栄養価がダントツに高いことから考えると、お値段以上の素晴らしい価値をご実感頂けるかとおもいます。

今日このコラムを読んで下さったあなたに、今後はより一層ご納得して頂いた上で馬プラセンタをご使用いただけたら幸いです。